患者さんっていつから「患者様」と呼ばれてお客さん扱いされるようになったのか・・・。病院をホテルと勘違いしている患者さんが多い!

 

多くの方が感じていると思うんですが、患者さんと、医療従事者の関係は、昔を比べるとかなり変わりましたよね。

 

昔は、医療従事者が全然優位な立場でした。

 

ドクターは患者さんからお医者様と呼ばれて、ドクターが全ての主導権を持つのは当たり前といった感じだったんですよね。

 

看護師も同じです。

 

入院している患者さんは、少しでも対応を良くしてもらうように、看護師に貢ぎ物を渡したりしていたんですよね。

 

ドクターの指示や診断というのは、絶対的だったので、その指示や診断に対して、何か意見したり文句を言ったりなんて事は、絶対にあり得なかったんです。

 

でも、2001年に厚生労働省から指針が出されてからは、全く状況が変わりましたよね。

 

どの医療機関でも、患者さんの立場を尊重する、といった医療が始まったんです。

 

患者さんはお客様、患者さんの名前に様をつけて呼んだりして、患者さんの立場に立った医療に変わって、良い方法に進んでいると思われましたよね。

 

確かに、患者さんの意見を尊重するという事は、とても良い事だし、そうあるべきだと思います。

 

ただ、現実はちょっと違う方向に進んでしまってるんですよね。

 

ある意味、患者さんが優位な立場になった事で、患者さん側の気持ちが変わってきたんです。

 

ドクターは病気を治すのが当たり前、私達はお客様なんだから、看護師は身の回りの世話をするのは当然、と思っている方が増えているんです。

 

それって間違っていますよね。

 

私達は、お手伝いさんではありませんし、日々の業務で忙しいんです。

 

患者さんの思い通りに対応しないと、クレームを言ってくるし、毎日グッタリしてしまいます。

 

病院はホテルではありませんし、看護師はお手伝いさんではありませんと、強く言いたいですよね。

マスコミの影響って大きい!医療ミスを大々的に報道する事で病院への風当たりはますます強くなっている・・・。医療者の心労は絶えませんね・・・。

利尻ヘアカラートリートメント

 

看護師は、人の命や健康を預かる仕事ですから、失敗やミスは許されません。

 

ちょっとしたミスでも大事になってしまう場合がありますから、毎日、ミスや失敗を起こさないように、緊張感を持って仕事をしています。

 

学生時代から言われている事なんですが、一番気をつけなくてはならないのが医療ミスです。

 

医療ミスというのは、医療行為をしている中で人身的に起こる、全ての事故の事を言います。

 

例えば、患者さんが廊下で転倒してケガをした場合も、医療ミスになるんです。

 

患者さんが相手というだけではなく、看護師が自分の指に使用済みの針を刺してしまう、といったケースも、医療ミスです。

 

医療ミスは絶対に起こしてはならないんですが、どんなに気を付けて神経質になって仕事をしていても、ちょっとした気の緩みから事故が起こる、という可能性もあるんです。

 

ご存知のように、看護師不足は相変わらず続いていますから、一人一人の業務の負担が大きく、肉体的にも精神的にも、疲労をしたまま働き続けているスタッフは沢山います。

 

そのような状態だと、気持ちに余裕がありませんから、集中力もなくなってしまいます。そのような時に、医療ミスは起こりやすいんです。

 

医療ミスを起こしてしまうと、テレビなどで大々的に報道されて、医療従事者のプライベートまで検索されてしまいます。

 

しかし、本当に医療ミスなのか?と思うようなケースも沢山あります。

 

医療行為にはリスクがつき物ですから、その都度患者さんや家族には了承してもらい、同意書をもらっています。

 

それでも、医療ミスとして取り上げられてしまうんです。

 

これでは、医療従事者の心労は絶える事がありません。

 

マスコミの影響は、本当に大きいなと実感しています。

 

シボヘールが安い

「なんだその態度は!訴えるぞ!」と訴訟をちらつかせる患者さんもいます。テレビの見すぎ!病院は5つ星ホテルではありませんよ!

看護師派遣,採血バイト

 

最近、医療現場を題材にしたテレビドラマが、数多く放映されていますよね。

 

患者さんや一般の方にとっては、今まで知らなかった病院事情などを知る事ができる、というメリットもあります。

 

それに、私達看護師も、そのようなテレビを見る事で、励まされたりする事もあります。

 

でも、あくまでもドラマの中の話しで、現実ではないという事を分かってもらいたい、と思うんですよね。

 

テレビの見過ぎじゃないの?っていうくらいに、いろいろな要求をしてきたり、理不尽な要求をしてくる患者さんがいるんですよね。

 

看護師は、肉体的にも精神的にもとてもハードな仕事で、かなりストレスが溜まりますよね。

 

女性の職場だから、人間関係に悩まされる事もあるし、でも、それ以上に一番ストレスになっているのが、患者さんから受けるストレスなんですよね。

 

私は、患者さんと関わりを持って仕事をしたいから、病棟勤務を選んだのに、わがままな患者さんやモンスターペイシェントのような患者さんが多くで、患者さんと関わるのがストレスになっている状態なんです。

 

困った患者さんは、看護師の事をお手伝いさんのように使って、ちょっと自分の思い通りにいかないと、「その態度は何だ!!!訴える!」って始まるんです。

 

えっ?って感じですよね。

 

患者さんが病院に何を求めているのか、分からなくなる時が沢山あるんですよね。

 

病院は病気を治療するところであって、ホテルではありませんよね。

 

それに、私達看護師は、あなたのお手伝いさんではなくて、病気を治す為にケアをしているんです。

 

こんな事は、言いたくても言えないのが辛いところですよね。

 

最近の病院は、結構こんな患者さんが増えているんですよ。

 

このような状況では、看護師はもっと不足してしまいますよね。